しょうゆ・コーヒー・ケチャップ等の食べこぼしは基本的には水で落ちます。
ついてしまったら、ティッシュを使ってシミを軽く濡らし、乾いたハンカチやティッシュにシミを押さえて移しとる応急処置をしましょう。

水に溶けやすいシミの場合

自宅でシミぬきする前には目立たない部分で色落ちテストをしてみます。色落ちをするようならクリーニング店に相談した方が安心です。
まずは乾いたタオルを敷き、その上にシミのついた側がタオルに接するように衣類を置いて、上から水をつけた歯ブラシや綿棒等でシミの周辺から中心に向かってたたきながら下のタオルにシミを移していきます。
タオルの位置を変えながら何度も繰り返し、最後に乾いたタオルで水分をよくとり乾燥させます。

水で落ちない場合は洗剤液を使用します。シミがとれたら水ですすぎ、境界線をぼかすようにしてから乾かしましょう。境界線をぼかしておかないと「輪ジミ」になってしまうので要注意です。
それでも落ちない場合は漂白剤を薄めた液を使用し、つけおきしてみてください。この場合、取り扱い絵表示を確認して衣類にあった漂白剤を使用するようにします。

水に溶けやすく、色素が残りやすい場合

血液・インク・紅茶・ワインなどは水に溶けやすいのですが、色素が残りやすいシミです。
まずは、上記と同じように乾いたタオルを敷き、水をつけた歯ブラシ・綿棒等でシミの周辺から中心に向かってたたいてシミを移す方法を試してみましょう。
水で落ちない場合は、漂白剤を薄めた液を使用し、つけおきしてみます。この場合も取り扱い絵表示を確認して衣類にあった漂白剤を使用します。
それでも落ちない場合は還元型漂白剤の溶液につけてみます。どうしても落ちない場合は無理をせず専門家に相談してください。