口紅、ファンデーション、皮脂等の油を含んでいるシミは水だけでは落ちません。洗剤液を使用してシミを落とします。

油分を含むシミの場合

ついてしまったら、まずは応急処置をしましょう。外出先では洗剤はありませんので、綿やポリエステルなど弱アルカリ性で変色しない素材の場合は洗面所の石けん等で油分を取り除くようにします。
毛や絹のデリケートな素材の場合は、油分を軽く吸いとっておくだけにします。

自宅でシミぬきする前には目立たない部分で色落ちテストを必ずしてください。色落ちをするようならクリーニング店にお願いしたほうが無難です。
まずは乾いたタオルを敷き、その上にシミのついた側がタオルに接するように衣類を置き、上から洗剤液をつけた歯ブラシや綿棒等でシミの周辺から中心に向かってたたいていき、下のタオルにシミを移していきます。
タオルの位置を変えながら何度も繰り返し、シミがとれた後、水ですすぎます。まわりが輪ジミにならないように境界線をぼかすことを忘れずに。最後に乾いたタオルで水分をとり、乾燥させます。

水で落ちない場合は洗剤液を使用し、上記の方法を試してみてください。シミがとれたら水ですすぎ、境界線をぼかすようにしてから乾かしましょう。
それでも落ちない場合は漂白剤を薄めた液を使用し、つけおきしておきします。この場合、取り扱い絵表示を確認して衣類にあった漂白剤を使用するようにします。

油分を含み、色素が残りやすい場合

カレーやドレッシングなどの色素が残りやすいシミで洗剤を使っても落ちない場合は漂白剤を使用して落とします。シミ抜き前には必ず色落ちテストをしてください。
漂白剤の溶液につけおきする場合は衣類の取り扱い絵表示を必ず確認して、正しい漂白剤を使用してください。

マニキュアなども色素が残りやすいシミです。まずは除光液を使用してみましょう。他のシミぬきと同じようにタオルを敷いて、除光液をつけた歯ブラシや綿棒でシミを移していきます。
アセテート等の素材によっては除光液が使用できませんので注意が必要です。シミが消えたら水でたたいた後にすすぎます。最後に乾いたタオルで水分を取り乾燥します。