衣類をクリーニングに出す前や自宅でお洗濯する際に、必ず確認しておきたいのが、衣服の内側などについている「取り扱い絵表示」です。
ここには、洗い方(ドライクリーニングの可否や水洗いの可否、洗濯の際のお湯の温度等)、干し方や洗剤の種類等、衣類のお手入れについての情報が表示されているのです。
この表示は、大切な情報源ですから、衣類から取り外したりしないようにしましょう。

家庭用品品質表示法による「取り扱い絵表示」

洗濯方法について

表示 洗濯方法
液温は、60℃を限度とし、洗濯機による洗濯ができる。 液温60℃を限度に、洗濯機による洗濯ができます。
液温は、40℃を限度とし、洗濯機による洗濯ができる。 液温40℃を限界に、洗濯機による洗濯ができます。
液温は、40℃を限度とし、洗濯機の弱水流又は弱い手洗いがよい。
液温40℃を限界に、洗濯機の弱水または弱い手洗いで洗濯します。
液温は、30℃を限度とし、洗濯機の弱水流又は弱い手洗いがよい。
弱い手洗いのみ。洗濯機は使用できません。
液温は、40℃を限度とし、水洗いは洗濯ネットを使用すること。
洗濯するときはネットを使用すること。
水洗いはできない。
水洗いができないものです。
ドライクリーニングができる。溶剤は、パークロルエチレン又は石油系のものを使用する。 ドライクリーニングが行えます。溶剤はパークロエチレンまたは石油系のものを使用すること。
ドライクリーニングができる。溶剤は、石油系のものを使用する。 ドライクリーニングが行えます。溶剤は石油系のみ使用すること。
ドライクリーニングはできない。 ドライクリーニングができないものです。

漂白剤の使用について

表示 塩素漂白の可否
塩素系漂白剤による漂白ができる。 塩素系漂白剤が使用できます。
塩素系漂白剤による漂白はできない。 塩素系漂白剤が使用できません。

絞り方について

表示 絞り方
手絞りの場合は弱く、遠心脱水の場合は短時間で絞るのがよい。 弱く手絞りをするか、遠心脱水の場合は短時間で絞ります。
絞ってはいけない。
絞ってはいけません。

アイロンのかけ方について

表示 アイロンのかけ方
アイロンは210℃を限度とし、高い温度(180~210℃まで)でかけるのがよい。 アイロンは210℃を限界に、高い温度(180~210℃)でかけます。
アイロンは160℃を限度とし、中程度の温度(140~160℃まで)でかけるのがよい。 アイロンは160℃を限界に、中程度の温度(140~160℃)でかけます。
アイロンは120℃を限度とし、低い温度(80~120℃まで)でかけるのがよい。 アイロンは120℃を限界に、低い温度(80~120℃)でかけます。
アイロン掛けの際は当て布をすること。 アイロン掛けの際には、当て布をしてください。
アイロンがけはできない。 アイロン掛けができません。

干し方について

表示 干し方
吊り干しがよい。 吊り干しがよい。
日陰の吊り干しがよい。 日陰の吊り干しがよい。
平干しがよい。 平干しがよい。
日陰の平干しがよい。 日陰の平干しがよい。

表示についての注意点

最近の衣類には様々な素材が使用されていることがあります。表示にも衣類の主要な素材についてだけの取り扱い絵表示のみで、装飾部や付属品については表示されていない場合もあるので注意が必要です。
主要素材と装飾部が同じ素材であれば一緒に洗っても問題ありませんが、そうでない場合はトラブルになることもあるので、洗濯の前には必ず確認しましょう。
クリーニングに出す際は、装飾のあるボタンや付属物は事前に取り外しておくことも必要です。